借金大国日本の中で

現在、私たちが住む日本は多額の借金を抱えている「借金大国」です。私たちの国自体が借金まみれであるというのに、私たちが裕福に暮らしていけるわけがありません。多くの人たちは大なり小なりの借金を背負っており、その返済をうまくやりくりできているか否かで生活バランスがとれる、とれないの差が生まれているといえるでしょう。

借金は銀行や消費者金融から借りる場合もありますが、クレジットカードで日々の買い物を支払っている時点で、すでに私たちはカード会社に一時的に支払いを代行してもらうという借金をしているのです。この感覚を持っている人は計画的に収支をやりくりして、借金を返済しながらも少し余裕を持った生活を楽しんでいることでしょう。しかしクレジットカードでの支払いのことを借金のひとつだと思っていない人は、歯止めが効かないくらいにカード払いに依存して、ついにはカード会社への支払いが滞る借金地獄に陥ってしまうケースも少なくありません。

誰でも生活していく上で、借金が必要とされるときはあるでしょう。たとえばマイホームを購入するとき、一括で家を買うことのできる人はほんのひと握りの層だけで、大抵の人は銀行に融資(借金)を依頼するでしょう。したがって借金することが悪いこととは言い切れません。借金をしている状態に甘んじて、借金をしている現実から逃げるということが悪いのであって、必要不可欠な借金も存在するのです。借金があるにもかかわらず、その借金の目的を忘れて別のことにお金を使ってしまい、さらに借金を重ねることのないように気をつけなくてはいけません。



<外部サイト>
初めての利用者は無利子で融資が受けられるカードローンの会社です ⇒⇒ カードローン